金曜日, 11月 27
Shadow

介護職への転職を成功させるポイント

都会から地元に戻り、介護職への転職を成功させるために大切なポイントがあります。
まず転職するタイミングを見計らって活動を始めることが大切です。
介護職は人手不足に悩まされている施設が多いため、求人数は他の業界と比べてたくさんあります。
しかしそんな介護職にも求人が増える月があり、それが新しい年度がスタートする4月と、ボーナスが支給された後の8月と1月です。
なぜならこの時期に退職者が増えるからです。
たとえ優良な介護施設であっても、パートナーの転勤により退職しなければならない方など、様々な理由で退職者が出ます。
そのためこのような介護施設を狙えば、長く働くことができます。
しかしUターン理由が家族の介護のためという場合もあるでしょう。
そのときはタイミングを狙うよりも、介護Uターンで失敗しないコツを押さえて転職することをおすすめします。

また転職時期を狙い、計画的に活動を進めることも転職成功への第一歩です。
介護職は厳しいというイメージを持っている方も多いですが、介護施設によって独自の改革を行っているところも多くあります。
これらの改革は、介護職が抱えている大きな課題である人手不足を解消し、長く働いてもらうための工夫でもあるのです。
改革は介護施設によって異なるため、転職時にはどのような改革を行っているかに注目するのも重要なポイントです。
また、改革を常に行っているかどうかも注目ポイントになります。
何かしらの問題を抱えていても、改革を続けている積極的な施設であれば確実な変化が期待できるからです。
また、改革に積極的な施設はスタッフの声に耳を傾ける姿勢が整っており、風通しがよく働きやすい職場であることが多いです。
改革内容も重要ですが、長期的な取り組みをしているかどうか、この点も重要なポイントでしょう。