土曜日, 6月 12
Shadow

お金に関する魅力

介護業界は人材不足が続いており、大都市はもちろん規模が小さい自治体でも同じことが言えるような状況です。
Uターン転職し介護職となりキャリアを積めば、ユニットリーダーやフロアリーダーなどの管理職になることは決して不可能なことではありません。
会社のために尽くせば、施設長となれることもあります。
施設長の平均年収は400万台後半と言われていますが、500万から600万程度も十分に狙える額だといわれています。
このレベルの年収になれば、家族を養うのは十分可能です。
施設長は、男性はもちろんのこと女性でもなることができます。

Uターン転職し介護職になると、自治体からお金をもらえることもあります。
過去にあった補助制度としては、交付条件を満たせば、250万円くれるというものもありました。
補助があるのかは、地方自治体によりことなりますが、各自治体は人口を増やすことに積極的になっているので制度を用意している自治体が結構あるのが現状です。
この補助制度に関しては、申し込み期間が設けられているので転職前にチェックしておく必要があります。
期間は1年程度となることもあり、地元の自治体が魅力的な補助制度を用意していた場合、後で行動しようとすると手遅れになることもあります。
Uターン転職しキャリアアップするには、介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修などの資格を取得するといいといわれています。
これらの資格を取得するためにはお金がかかりますが、補助制度や施設が行っている資格取得支援制度を活用すれば少ない負担で取得することができるでしょう。